鮫肝油に含まれているαリノレン酸について

深海鮫の鮫肝油には、スクアレン以外にもDHA・EPAに加えてαリノレン酸といった成分が含まれています。
特にαリノレン酸は、人間の体では合成できない必須脂肪酸の一つです。

αリノレン酸は亜麻やエゴマなどの野菜に多く含まれている油です。
体内に入るとDHAやEPAに変換されます。
DHAやEPAは、血液をサラサラにすることで血流改善や動脈硬化の予防に効果的に働いてくれます。

その他には、リノール酸の過剰摂取によるアレルギーに対して働き
アレルギーを抑制する効果があります。

鮫肝油に含まれているαリノレン酸は多くはありませんが、鮫肝油の働きをサポートしてくれます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ