通風に影響?高尿酸血症について

血清尿酸値が7.0mg/dlを超えたところで高尿酸血症の診断がされます。
8.0mg/dlを超えてくると薬での治療が必要とされます。

高尿酸血症の合併症として、通風を良く聞きますが、それ以外にも腎機能障害や動脈硬化、尿路結石なども合併症として挙げられます。

通風は、異常に増えた尿酸によって引き起こされる関節などに炎症を起こす病気です。
数値が高いからといって、炎症や痛みがすぐに出るわけではないですが、突如として発症します。

通風の痛みが出なかったとしても、尿酸値が高い高尿酸血症の状態であると先ほど挙げた合併症のリスクが高く
食事や生活習慣の見直しや薬での治療は必要です。
予防には通風 サプリなども使ってみるのもいいですね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ