不眠症にグリシンはいいの?

アミノ酸の中で、体内でも生成できる非必須アミノ酸に分類されるグリシン。
休息アミノ酸とも呼ばれていて、食品では牛スジや鶏の軟骨などの動物性食品やイカやエビなどの魚介類に豊富に含まれています。

グリシンには体が睡眠に入りやすくする働きと質の高い深い眠りであるノンレム睡眠の増加に役立つといわれている成分です。

睡眠の質が向上することで翌朝の目覚めがスッキリとしたり、疲労感や日中の眠気を減らすことに働きます。

また、ストレスなどで落ち込みやすい気分や心のバランスを整えることにも役立ちます。

1日あたりの摂取量は約3gです。
成分を摂取するタイミングは眠る前に摂取するのが良いとされているので
食品を食べて摂取するよりも不眠症 サプリなどで取るほうが効率的でしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ